Amazonで注文しなくなった

ネット通販でちょこちょこ頼んだりという生活をしていたのですが、明細をみてAmazonで頼むことがほとんど無くなっているのに気付きました。

なんでかなー、と思い返してみた所、原因は三つでした。

レビューが信用できない

アマゾンに出店している店の場合、レビューをみて信用するかどうか決めてました。

新品と書いてあるのに中古品が送られてきた事があり、クレームを入れて交換しました。 が、当然レビューにもその事を書くと、レビューそのものが消されてました。 良いことしかかかないなら、レビューは信用できません。出店している商品の場合は購入しなくなりました。

配送がいいかげん

デリバリープロバイダー制度が良くない。配送期日に届かない。いても不在とステータスを変えられるという。そんないい加減な所は、配送料を払っているのに頼みたくありません。変えたくても、選択肢もないのではどうしようもない。

値段が安くない

一時期は消費税分を考えると安かったと思うのですが、他のネットショップも頑張っているのか安い商品が減りました。

という感じで頼む理由が無くなってきた為でした。

日本のショップを応援する意味でも、若干高くても信用できる所での購入が増えたという。

やはり信用が第一かなぁ。

広告を非表示にする